還暦過ぎの750乗り。そんなに忙しくない、趣味に溺れたい々。

平成のおわりと、ほぼ時を同じくして定年を迎えました。愛機Z750Fourのこと、趣味のこと、日々の出来事や思い出話を徒然なるままに記していきます。

(焼き直しの)病気のことその3

さて、十日間の入院生活のスタートです。 毎朝、食事前に検温と血圧測定。そして投薬と点滴。 投薬と点滴は、血栓を溶かし、血管を広げ、血圧を下げるためのものでした。 五日後にはリハビリが始まるのですが、それまでは ひたすら食べて寝て、の生活が続き…

(焼き直しの)病気のことその2

さて、急遽入院が決まり、家内や子供たちはかなり動揺していましたが、 自分は割と平静でした。 というのは、 私の父は、入院当時の私より何年か若くして、会社で勤務中に脳梗塞を発症。 救急車で川崎市内(当時父は、川崎の浅田にある運送会社に勤務してい…

(焼き直しですが、)病気のこと

2015年8月18日(火)、いつもの床屋さんで、顔をあたってもらっているとき、 右目の下にカミソリが当たった瞬間、「ピリッ」という感触がありました。 直感的に「なんか変。」と思いました。 帰宅して晩御飯を食べつつ、テレビを見ているとき、 「右手が変。…

一つの時代が終わりました最終回

さて、すったもんだ(全然すっても揉んでもおりません。すみませんでした) の挙句手に入れたBMW320Iスポーツバージョンですが、それはそれは素晴らしい 車でした。 あ、そうそう。最初はダイヤモンドブラックを注文しようと思っていたのですが、 ディーラー…

一つの時代が終わりました2

BMWに一度試乗してほれ込んでしまった私は、6気筒MTのBMW車を 手に入れる算段を頭の中で始めました。一番のネックはお金ですがそれは後ほど。 タイミングというのは恐ろしいものです。 私が敬愛していた徳大寺有恒御大著「間違いだらけの車選び1987(1988だ…

一つの時代が終わりました。

勿論、自分の中で、です。 今を遡ること30数年前、この国はバブル景気に浮かれており、 私の業界でも何かにつけて結構な手当てが出ておりました。 出向手当もそうでした。 休日出勤手当も 幹部手当もそうでした(幹部手当がもらえたのはその次の年ですが)。…

タイトルはナイショ

プロジェクトX、あれから毎回視聴して録画もしております。 あれ↓ piroji1616.hatenablog.com から数ヶ月が経ちますが、相変わらず毎回感動しております。 ですが、この数回、二十年前に感じていなかった感情が自分の中に 沸き起こるのを停められません。 じ…

てっそん

漢字で書くと姪孫らしいです。別の名称では大姪らしいのですが、 ネット上の情報なのであまりあてにしないでください。 私が大学を卒業して就職をするまで編集のお手伝いをしていた 小学館第二編集部が編纂していた、「大辞泉」の紙バージョンには どちらも…

昔の酒屋さんと、大学の話

私が大学五年生(←おい!)のころの話です。 同級生は皆卒業し、ただ一人(でもなかった。これがB大学のいいところ?) 学問の道を究めようと(←ウソ言ってんじゃないよ)、片足院、片足学部に 残っていたのです。 そんな私なので当然昼間部(一部授業ですね…

騙された

天気予報に、です。 今日2021年4月25日(日)の千葉県北部の天気予報は 午前中曇り、午後から雨という事でした。 「雨が降るんじゃあ、オートバイはお預けだな。」と、 数日前から思っておりました。まあ、泣く子と天気には勝てないからなあ、 と思っていた…

いつもの散歩道です。

ここ数日天気が良く、暖かな日が続いております。 それでも出勤するときにはスプリングコートをもっていかないと 帰宅時には佐倉方面、結構冷えます。 さて、今日はいつもの散歩道を走りに行ってきました。 西印旛沼から北印旛沼へ、そして宗吾様の霊廟前を…

あたらしい物好き

なもんで、コンビニで先行販売が始まったこんなものを買ってしまいました。 これですよこれ。 たまたまそのコンビニ(ファミマです)、こいつにピッタリそうな クリスピーチキン(私はハバネロの辛いやつが好きです)も売っていたので、 迷わず購入。 帰宅し…

おめでとうございます。

誰って、池江選手です。 あの病気にり患したと聞いた時、 不謹慎かもしれませんが、命があればいい、と思ったのは事実です。 まさかあそこまで復活なさるなんて、思いもよりませんでした。 池江選手には失礼なことは重々承知の上です。 ですが、いまから三十…

焼き直し記事(もう何弾か忘れてしまった)

私、今は千葉に住んでいますが、25歳まで横浜に住んでいました。 出身高校は横浜市立桜丘高校といいます。 この高校、のんびりした校風が特徴だったのですが、もう一つ、特徴がありました。 当時、神奈川県の夏の高校野球の決勝戦は、県立保土ヶ球場で行われ…

あれから二十年かあ...

またも年寄りの愚にもつかない繰り言でございます。 西暦2000年から始まった(らしい←wikiによる)NHKのこの番組、今になって NHKのBSで再放送が始まりました。 もっとも、当時のフィルムをリストアだか何だかして 画像を4K(←何それ)レベルにしたものをBS…

昔々その昔、椎の木林のすぐそばに

という出だしの歌、小学校の時昼の給食の時間に よく流れていた記憶があります(昭和四十年代のことです)。 まあ、この唱歌って、杉の木を植えなさいってことですよね。 広葉樹よりなにより、成長の早い針葉樹を植えなさい、ってことだと思うのは 私だけで…

今年はどうなんだろう

って、佐倉チューリップ祭のことです。 それは、佐倉市の観光資源のひとつであり、 夏の印旛沼花火大会 秋のコスモス畑 と並んで、稼ぎ時なんですよね。 でも、去年はコロナ禍の中人が多く集まりすぎたので 満開のチューリップを掘り返してしまうという 乱暴…

今日は亡父の誕生日

でして、この父親、昭和二年生まれの双子の兄なんです。 若いころは京浜急行に勤務しており、二日に一度は夜勤明けに 帰ってきて、私が幼稚園から帰ってくると部屋で布団に入って 新聞を読んでいたのを覚えております。 その後小さな運送会社に勤務していた…

受験では何が起こるかわからない

この時期、大学入試の合格発表が目白押しですね。 私が受験をしたころは、オンライン発表だのメールだのラインだのは当然存在せず、 合格発表は大学構内の大きな掲示板に合格者の受験番号を張り出す、という アナクロな方法で行われていました。 地方の受験…

受験は運だ!

だから勉強なんかしないで神社めぐり、パワースポットめぐりをして、 毎朝夕念仏を唱え、部屋にはお札を貼り、学業成就の御守りをすべての持ち物に ぶら下げなさい。 そうすれば憧れのあの学校に合格できます! と、いう事ではなくて、 ある程度のレベルまで…

昔むかあし...

今から四十年近く昔の話です。 これを読んでくださっている多くの皆さんが生まれるか生まれないかの頃のお話です。 そうでもない! とか、 自分が生まれる数(十)年前だ‼ とか、いろんな声はあるでしょうが、 それはさておき。 一年浪人して入学した大学で…

この時期、プチ失業状態です

二月も中旬。、私立大学の入学試験も一つ目の峠を越えた感じです。 ウチの長女も結構ハードなスケジュールをこなしておりました。 が、長女の話ではなく、私の話です。 この七月から始まった予備校講師の仕事ですが、 一月をもってほとんどの生徒が卒業(私…

十八代中村勘三郎さん

この記事(初稿)を書いている2月8日のNHK「鶴瓶の家族に乾杯SP」を見ていたところ 故五代目中村勘九郎(十八代勘三郎)さんが出演していらっしゃるじゃないですか! ビックリしましたねえ! 私、この方好きでした。 最初に拝見したのは映画「風林火山」での…

麒麟が来る 最終回

NHK大河ドラマ「麒麟が来る」の最終回が放映されました。 私、信長は嫌いです。 そもそも我が先祖(○○氏)はずっと山梨に住んでおり、武田信虎様、信玄公、 そして勝頼様に仕える地侍だったのです(中には旗本まで出世した者もいたらしい)。 「祖霊まします…

古い友人の話

今から半世紀昔の話です。 横浜市立瀬谷中学校2年生だった私は、 何がきっかけだったのかは忘れてしまいましたが、 放送委員会なるものに所属していました。 主な仕事は、お昼(ごはん)の時の放送。 このお昼の放送というのは、 放送室にある古びたレコー…

ムーンライトながら

が廃止になったというニュースが流れたのは、 先週のことだったでしょうか。 私は鉄オタと言えるほど知識も経験もなく、 ただの電車好きだと思っているのでありますが、 この列車には何回か乗ったことがあります。 といっても、「ムーンライトながら」という…

一月も中旬

大騒ぎしていた新テスト(共通テスト)も終わりました。 お金があって、地理的にも恵まれた受験生が有利になる 英語の外部模試の導入は見送り。 絶対採点なんか不可能に決まっている国語の記述式テスト導入も見送り。 それはよかったと思います。 まあ、政治…

すこし落ち着いてきました

久しぶりの更新ですが、前回「公私ともに」バタバタして、と書いたのは、 こういう事です。 公。 千葉県内の予備校で7月から働き始めた私ですが、12月から1月にかけて、 受験産業はかき入れ時です。 その底辺にいる私にも80分なんぼの仕事が次から次へと舞…

バーチャル帰省に

コメントを下さった皆様。 公私ともにガタガタしており、 星をつける暇もございません。 あと数日で落ち着くと思います。 その後存分にお返事申し上げますので、 お許しください。

バーチャル帰省

さて、何気なくつけたテレビ番組の中で 私の実家がある瀬谷が映っており、 御年80歳になられる紺野さんとおっしゃる方が 瀬谷から静岡まで遠距離通勤をしている。 しかもその紺野さんが駅からご自宅へ向かう道は、 私が小学校から大学まで使っていた道だ、と…