還暦過ぎの750乗り。そんなに忙しくない、趣味に溺れたい々。

平成のおわりと、ほぼ時を同じくして定年を迎えました。愛車E36M3C、愛機Z750Fourのこと、趣味のこと、日々の出来事や思い出話を徒然なるままに記していきます。

車検から帰ってきました。

昨日、車検から帰ってきました。

千葉市花見川区(といってもほぼ八千代市)の「モトランドカジカワ」さんには、

Z400FX、マッハ、そして我がZと、まるで昭和のオートバイ屋さんを

思わせる素敵な車両がとまっておりましたとさ。

 

帰りに遠回りをしたら帰宅が遅くなって、

家内に嫌味を言われたことはここだけの話です。

 

 

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

車検に出してきました。

多分、3回目です。

千葉市花見川区の「モトランドカジカワ」さんのところまで、

梅雨の合間を縫って行ったのですが、暑い。

日差しはそれほどでもなかったのですが、とにかく蒸し暑い。

 

暑い暑いといったからって、涼しくなるわけではないので、

これくらいにしましょう。

 

「モトランドカジカワ」さんに向かう途中、

コンビニで水を飲み、一休みしつつこの写真を撮りました。

万年NAさん、多分ウチのZ750FourA4の

ブローバイガス還元装置はこれだと思います。

 

f:id:piroji1616:20200626160841j:plain

この、シリンダーから出て、エアクリーナーにつながる、黒いパイプ。

もし違っていたら、またご教授ください。

 

で、「モトランドカジカワ」さんにZを預け、

代車をお借りして帰ってきました。

f:id:piroji1616:20200626161200j:plain

代車のスーパーシェルパ

どこへ寄ったのか。

 

とんでもない遠くまで足を伸ばしたわけではありません。

ウチの裏にある崖の下を通る農道です。

上を見上げるとこんな感じ。

f:id:piroji1616:20200626161419j:plain

この森の上にわが家があります。

180度角度を変えると、こんな感じ。

 

f:id:piroji1616:20200626161627j:plain

印旛沼を埋め立てた農地です。

印旛沼干拓が完了するまでは、シェルパを止めた農道のあたりまで

湖面が広がっていたのだろうと思います。

 

そしてこの切り立った崖。

実は私の家のあたりには、中世には砦がありました。

守るに易く、攻めるに難かっただろうことは、

素人でも容易に想像がつきます。

この道を通るのは、Zや四輪ではきついです。

こういう小柄なオートバイならではだなあ、と思いつつ、

帰宅したのでした。

 

それにしてもじゃいごだこと。

 

にほんブログ村 バイクブログ 関東バイクライフへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

 

洗車をすると

雨が降る。

なんででしょうか。

昔からそうですね。

昨日は久しぶりに洗剤と水でオートバイを洗いました。

今日はタンクやサイドカバー、テールカウルなどにワックスをかけて

その他こまごまとしたところを磨いていたら、ポツポツ。

梅雨時に洗車なんかするなよ、っていう話ではありますが、

車検前に、少しきれいにしておこうと思ったのです。

 

で、昨日考えていたカワサキプラザへの訪問は断念。

 

f:id:piroji1616:20200621190214j:plain

その1

この時点でポツポツ降ってきていました。

ワックスは掛け終わり、ほぼふき取りも終わり、細部を磨き始めたところでした。

ここで一旦作業は終了。

 

この後、子供たちの塾だとか今日のお買い物の運転手だとかで駆り出され、

帰宅してから細かいところを磨きました。

 

f:id:piroji1616:20200621204909j:plain


その2

f:id:piroji1616:20200621204953j:plain

その3

 

初めてのZ近影です(昨日ソナーさんに「きれいですね」と言われて

調子に乗って撮影しました)。

 

が、やはり錆が目立ちます。

まあ、私の技術では、これ以上錆を拡げない事しかできないですが…

 

いつか、万年さんくらいのスキルが身についたら、パーツをばらして

サンドブラストなんかできるといいなあと考えてはおります。

 

で、家内と一緒の買い物帰りに、こんなお店の前を通りました。

f:id:piroji1616:20200621211225j:plain

ミニの専門店のようです。

いつもオートバイで通るときには誰もいない店頭(?)に、

今日は二組のお客さん。

 

ミニ(旧型)なんて、もう、完全に趣味の世界だと思うんですが、

こういう車を愛する若い人がいるのは年寄りとしては嬉しいものです。

 

さて、ということで明日はカワサキプラザに行けるかなあ...

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ 関東バイクライフへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

洗車とチョロッと走りに

久しぶりに、洗剤と水を使っての洗車をしました。

あした、雨が降らなければ、こまごましたところを磨く予定です。

 

で、車体を乾かしついでに、ご近所を走ってきました。

自粛期間の間に植え付けられた稲の苗は、すっかり稲になって(育って)いました。

これはウチの自宅下に広がる水田なんですが、もう50センチほどに育っておりました。

まだ田には水が張られているので、サギが食事に(カエルやオタマジャクシを食べに)来ます。

f:id:piroji1616:20200620165446j:plain

田んぼの脇に停めて

f:id:piroji1616:20200620165643j:plain

違う角度から

今から半世紀ほど昔は、田植えは梅雨の雨の中の行事だったのに、

今は、梅雨時は田んぼの水の管理の方が大変みたいですね。

 

ま、それはさておき、明日は、オートバイを磨くだけでなく、

前から気になっていた「カワサキプラザ」という所へ

 行ってみようかと目論んでおります。

 

 

にほんブログ村 バイクブログ 関東バイクライフへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

6月19日


今日6月19日は、言わずと知れた「桜桃忌」です。

稀代の天才(だと私は断固思う)作家、太宰治玉川上水に入水自殺し、

遺体が発見された日です(太宰の誕生日でもある)。

太宰が敬愛していた森鴎外林太郎と同じく、東京三鷹禅林寺に葬られたのですが、

聞けば森鴎外林太郎の墓の向かいにあるとのことです

(行ったことがないので詳細不明)。

6月19日には毎年「桜桃忌」が開かれるというのですが、

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、どうなんでしょう。

 

ま、それはさておき、太宰の話です。

私は何を隠そう(隠す必要もないが)、太宰治の愛読者です。

太宰の生涯に影響を与えたであろう場所に、いくつか触れたことがあるのが自慢です

(簡単にいえば、太宰治の聖地に行ったことがあるという事です)。

 

太宰は、旧制弘前高校で学んでびました。家内の生まれ故郷は青森県弘前市

当然弘前市には何回も行っております。

その弘前は太宰が学生時代を過ごした街です。

また、太宰が生れたのは金木町。

十八年も昔の写真ですが、弘前に帰省した時に「斜陽館」に行ったときのものです。

 

f:id:piroji1616:20200619103722j:plain

斜陽館

(面倒なので、写真の修整はしませんでした。

しなくても、もうみんな変わってしまったので…)

後ろのツーリングのお姉さんは、まだ、オートバイに乗っているのだろうか。

 

あ、話を戻します。

ここが太宰の生家か、この柱も庭も太宰が見て育ったのか、と、

感激したことを覚えています。太宰が座って、「たけ」からご飯を食べさせてもらった

という蔵の石段は、角が摩耗し、丸くなっていました。

そんなことを覚えています。

 

昭和五十三年の春、従兄の運転する車で夜の御坂峠に行ったことがあります。

多分冬期の通行止めが解除になってすぐだったと思います。

従兄の車はセリカ1600LB。あの旧道の曲がりくねったワインディングを

テールを滑らせながら登っていくと、トンネルの向こうに取り壊した「天下茶屋」の

建物と思しき廃材の山が。

 

「ああ、この材木の山が太宰治が滞在していた天下茶屋の建物だったんだなあ」と

感慨にふけりました。

天下茶屋はその後再建され、今も立派に営業している様子。

私も、昭和五十三年の春以来、お気に入りのドライブ、ツーリングの行き先として、

何度も訪れています。

この旧道のトンネルから出てきた二人の娘さんは、この写真の富士を見て

「打たれたように」立ち止まったのでしょう(詳細は『富岳百景』でどうぞ)。

f:id:piroji1616:20200617172716j:plain

写真、過去の記事からの使いまわしです。

旧道のトンネル(照明もなく、真っ暗)を抜けてすぐ、この景色を目にすれば

誰も息をのむことでしょう。何しろ国道20号から離れて、御坂への鎌倉往還に入って

からは、トンネルを越えるまで全く富士の気配も何も感じられないのですから。

この天下茶屋から徒歩で少し上ると「富士には月見草がよく似合ふ」という

文句を刻んだ文学碑があります(写真が見つからない)。

 

ちなみに下の写真は、甲府の街から富士を望んだものです。

太宰が甲府の町でお見合いをした石原美智子さんに富士に雪が降ったかを聞かれた時

甲府の町からも富士が見えるのに気付き、「ばかにしていやがる」といったという

あの富士です。

この写真は、2018年10月末に伯母の葬儀の時に撮ったものですから、太宰が甲府から

見た富士と時期的には同じだと思います。

f:id:piroji1616:20200617204229j:plain

富士の山頂が少し見えます。

 

最後は、船橋夾竹桃。太宰が船橋に住んでいたころ植えたという夾竹桃

船橋市役所に移植されているというのです(これは見ていません)。

ま、これはそのうち見に行こうかとは思っておりますが。

 

聞けば今回の芥川賞の候補作に太宰治のお孫さんの作品が選ばれているとか。

太宰があれほど欲しがった芥川賞を、85年の月日を越えてお孫さんが受賞するかもしれない。

受賞すれば太宰も草葉の陰で喜ぶ事でしょう

(で、なんで私はまた、選考から漏れたのだろうか…)。

 

 まとまりも何もないですが、本日はこれで。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

自粛明けと車検の予約

長かった自粛生活が明け(まだ極力外出はしないようにしてますが)、

梅雨の合間の曇り空の下、

車検の予約を取りに行ってきました。

お願いしたのは30年来お世話になっている、

千葉市花見川区の「モトランドカジカワ」さん。

たしか26日か27日に車検が切れると思ったので、

26日、車検の予約と代車を借りられることを確認して、帰宅しました。

いつも無理言って本当に申し訳ないです。

コロナの影響で、ガレージはいっぱいいっぱい。

そんな中、無理を聞いていただきました。

本当にいつもありがとうございます。

 

で、「モトランドカジカワ」さんに向かう途中、ちょと寄り道。

f:id:piroji1616:20200616131339j:plain

一応、アジサイ通りと名付けられております。

ちょっとカメラをひくとこんな感じで、 

 

f:id:piroji1616:20200616131638j:plain

ただの田舎の道です。

近くには民家もある、観光道路でもなんでもなく、普通の生活道路ですが、

それでも久しぶりに走ると、気持ちの良いものです。

 

更に寄り道をした、某コンビニ。

 

f:id:piroji1616:20200616131839j:plain

お約束の看板ですが、

このお店の向かいは

 

f:id:piroji1616:20200616131934j:plain

こんな感じ。

お隣はというと、

 

f:id:piroji1616:20200616132004j:plain

こんな感じです。

多少の騒音があったほうが、夜などイノシシやタヌキが来なくて

よいんじゃないかと、余計なことを考えながら当初の目的を果たして

帰ってまいりました。

 

陽は出ていませんでしたが、とにかく蒸し暑いですね。

ああ、日本の夏、って感じですかね。

 

にほんブログ村 バイクブログ 関東バイクライフへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村