還暦過ぎの750乗り。そんなに忙しくない、趣味に溺れたい々。

平成のおわりと、ほぼ時を同じくして定年を迎えました。愛機Z750Fourのこと、趣味のこと、日々の出来事や思い出話を徒然なるままに記していきます。

あれから二十年かあ...

またも年寄りの愚にもつかない繰り言でございます。

 

西暦2000年から始まった(らしい←wikiによる)NHKのこの番組、今になって

NHKのBSで再放送が始まりました。

もっとも、当時のフィルムをリストアだか何だかして

画像を4K(←何それ)レベルにしたものをBSプレミアムで再放送すると、
今日知りました。

 

そんなことは(私には)どうでもいいんです。

当時(20年前)、この番組を観ながらお酒を飲んで、

エンディングに流れる「ヘッドライトテールライト」を聴いていると
気が付くと、目じりからは涙がツツツーっと。

 

嗚咽を漏らしながら泣くようなことはなく、毎回観終わり気づいたら涙が流れていた、

という不思議な感動の仕方を繰り返したものでした。

 

いま、その再放送を見ると、初代アシスタントのクボジュンも国井アナも

若かったあ(多分自分もね)。

 

そんな「プロジェクトX」ですが、不満もあります。

『なんで「DATSUNフェアレディZ」が取り上げられているのに、

「 KAWASAKI 900Super4(俗にいうZ1です)と750RS(俗にいうZ2です)」を

取り上げないんじゃあ!』というのが最たるものですが、

それはあくまでも私憤として忘れてください。

 

今日の放送を見ていて驚いたのは、歴史作家としてその名を馳せた

新田次郎』先生が、気象庁に勤務していたころの画像が

流れたことです。

 

新田次郎』先生と言えば、『武田信玄』『武田勝頼』『富士山頂』で

有名だった方です。富士山頂レーダーの建設に携わっておられたことは

なんとなく存じておりました。

 

もう鬼籍に入られて何年でしょう。

 

その方の気象庁勤務当時の画像、退職され作家として活躍されていた

頃の映像が流れた、というだけでも大変なものです。

 

タイトルに「プロジェクトx」とかいう言葉を入れると、

アクセス数が訳も分からず跳ね上がるので、

変なタイトルですみません。

 

これからもプロジェクトXネタは続きます。

 

ふるさと広場のチューリップもほころび始め、

週末の国道296号線は混雑し始めたのですが、

ひっ迫した千葉の病床の状態を少しでも悪化させたくないので、

しばらくオートバイはお預けの私でございます。