還暦過ぎの750乗り。そんなに忙しくない、趣味に溺れたい々。

平成のおわりと、ほぼ時を同じくして定年を迎えました。愛機Z750Fourのこと、趣味のこと、日々の出来事や思い出話を徒然なるままに記していきます。

一つの時代が終わりました。

勿論、自分の中で、です。

 

今を遡ること30数年前、この国はバブル景気に浮かれており、

私の業界でも何かにつけて結構な手当てが出ておりました。

出向手当もそうでした。

休日出勤手当も

幹部手当もそうでした(幹部手当がもらえたのはその次の年ですが)。

今の数倍の金額の手当てが出ており、多少ではありますがバブルの恩恵を受けていた

言えるでしょう。

冬場の週末は決まってスキー。職場の同僚と何台も車を連ねて万座だ草津だ、

やれ軽井沢だ八ヶ岳だ越後湯沢だ、と遊びまわっておりました。

 

そんな冬のある週末、私は当時の愛車いすジェミニ1600LSセダンで

職場の同僚とのスキー旅行(たしか万プリに泊まった)へ出かけました。

 

その帰り道、車の中が異様に寒いのです。

私と同じ職場で働くまではTOYOTAのセールスをしていたアラシ(仮名)さんが、

「ピロさん、これヒーター壊れてるよ。」と一言。

そして、「ヒーターの故障は治らないよ」と脅すような一言を。

 

丁度その頃、当時の職場の近くの中古車屋さんに

アウディのクワトロが150万円の値札をつけて展示されていたのです。

しかし私は、大学生のころからBMWが憧れの車でした。

ジェミニは10年12万キロを走破しており、買い替えもありかなあなどと

考えたのです。

買い替えるならBMWアウディの中古が150万円ならBMWの中古もそんなもので

手に入るのではないか、と考えたのです。

折よくモーターマガジン誌でBMWアウディの比較特集をやっており、

中古の価格も掲載されていたのです。

当然雑誌を購入しました。

 

読み進めていくうちに、5年落ちの318なら150万円前後が相場だと知りました。

 そうなれば話は早い。

早速アラシさんと、職場に最も近い(それでも車で30分はかかりました)BMW

正規ディーラーへ足を運び、いろいろ説明を受けたのですが、

まとめると、

 

①私が望んでいるMTの中古はほぼない。

②MTなら、最近320の5MTの輸入がはじまった。

という事です。

 

つまりセールス氏は5MTに乗りたければ320の新車しかないよ、

と言いたかったのです。

価格は中古の318の3倍です。

当然諦めるつもりでディーラーを去りました。

ところが敵もさるもの、数日後に電話があり、今なら超低金利

ローンが組める、というのです。

冷やかしのつもりでアラシさんとでディーラーへ向かいました。

すると件のセールス氏、「ぜひ試乗してみてください。」と言って

320の運転席へと私を誘うのです。

アラシさんは面白がって、「ただで輸入車に乗れるチャンスだよ」と

あおってきます。

この試乗車はATでしたが、運転席に座りドアを閉めた瞬間から、

「今まで乗ったことのあるどの車とも違う」という感触がありました。

すべてが重厚なのです。

 

 

ディーラーから車道に出るとき、一緒に試乗してくれたアラシさんが、

「ピロさん、ウインカーとワイパー間違えないでね」と言ってくれたのに対して

「そんな間抜けじゃないよ」と言いつつワイパーを動かしてしまったのも

今になれば懐かしい思い出です。

まあ、それはさておき、一旦走り出してしまうと重厚感は消え去り、

軽快に街を走ります。

 

操作系の手ごたえも本当にリニアでした。

「人車一体というのはこういう事か。」と腑に落ちた感じです。

 

つい長くなりました。

続きます。