還暦過ぎの750乗り。そんなに忙しくない、趣味に溺れたい々。

平成のおわりと、ほぼ時を同じくして定年を迎えました。愛機Z750Fourのこと、趣味のこと、日々の出来事や思い出話を徒然なるままに記していきます。

バーチャル帰省

 

さて、何気なくつけたテレビ番組の中で

私の実家がある瀬谷が映っており、

御年80歳になられる紺野さんとおっしゃる方が

瀬谷から静岡まで遠距離通勤をしている。

 

しかもその紺野さんが駅からご自宅へ向かう道は、

私が小学校から大学まで使っていた道だ、という所までが前回の記事でした

(念のため書き加えておきます。この坂を上らないと、瀬谷小学校、瀬谷中学校、

そして瀬谷駅まではたどり着けない、かなり急な心臓破りの坂道なのです)。

 

「この町は坂が多く、上り下りが多い」というナレーションが入りましたが、

この心臓破りの坂を下りて再び上るのは、私の実家のある相沢地区方面へ向かう

坂道しかありません。

 

「ますます近いじゃん」と思いながら見ていると、場面は相沢さんのご自宅へ。

周りは暗く、どこなのかはわかりません。

相沢さんを迎えた奥さんが握り寿司(このお寿司がカギ!)

を出し、紺野さんはまたもビールを召し上がりながら

二人で夕食を召し上がっていらっしゃいます。

 

さて、場面は変わり翌朝です。

 

紺野さんへのインタビューが明るい光の下紺野さんのお宅の前で繰り広げられて

おりました。

その向こうに見えるのは、時代遅れの南欧風の青い瓦と白い壁、アルミの雨戸、

そして、なにも止まっていないガレージ...…

 

「あれ、ウチじゃん!」

 

そうです。紺野さんのお宅は私の実家と、市道を挟んだお向かいさんだったのです。

f:id:piroji1616:20200816203219j:plain

ここが私の実家です

このZ750FOUR初号機のタンクのKAWASAKIという文字が正面に見える方向から

テレビのカメラが紺野さんのインタビューをしていたのです。

この写真にはガレージに昭和53年式いすゞジェミニ1600LSセダンがとまっていますが、

今は弟も二俣川に住み、私も千葉県人。

当然ガレージには基本的に何も停まっていません。

三十数年前に横浜を離れた私は、当然紺野さんを存じ上げません。

その当時は紺野さんのお宅にはKawasakiZ400Ltdに乗る若者とそのご家族が

住んでいました。

 

慌てて実家に電話をしたのは、この番組が次のコーナーに移ってからでした。

 

要領を得ない母親(多少ぼけています)に一から説明をして、理解させるのに数分。

そして、その後母親(というより老母。確か次の四月で90歳。)から、

紺野さんのお話をいろいろ聞きました。

そして、紺野さんご夫妻が召し上がっていたお寿司は、ロケ隊のために

紺野さんの奥さんが出前を頼んだもの、

十人分頼んだら余ったので、ウチの老母がおすそ分けをいただいたこと、

紺野さんのご主人は本当にお酒が好きで、

先日は瀬谷駅北口の横浜銀行前で…

 

などという話を聞き、電話を切ったものでした。

そんなこんなで、期せずしてテレビ朝日の画面上で

バーチャル帰省をすることができ、ちょっと嬉しかった

私です。

 

つまらねえはなしだなあ、という感想は私も一緒でございます。

でも、読んでくださった皆さん、

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ