還暦過ぎの750乗り。そんなに忙しくない、趣味に溺れたい々。

平成のおわりと、ほぼ時を同じくして定年を迎えました。愛機Z750Fourのこと、趣味のこと、日々の出来事や思い出話を徒然なるままに記していきます。

Z750Fourのこと(昔語り)その3

切符をいただいたお話です。

初号機を手に入れて数年のことですから、今から三十年以上昔のお話です。

 

山中湖へ行った帰りでした。

その南岸を走る道路から道志道(当時はそんなに有名ではなく、おまけに、

ところどころ未舗装路が残るような道でした)を抜け、相模湖ICから高速を使って

千葉へ帰ろうと思った私は、平野の丁字路を目指しておりました。

その丁字路の少し前にガソリンスタンドがあったのですが(グーグル先生に聞いたら、

まだあるようです)、そのスタンドで一台の白バイが燃料補給をしていたのです。

「ああ、白バイもガソリンで走るんだあ」と、間抜けなことを思いつつ、

平野を左折。青山目指して道志道を走り始めました。

道路は片側一車線の黄色センターラインです。

数分間は快調に走っていたのですが、しばらくすると先行車に追いつきました。

 

セリカGTです。

 

こいつが遅い。しばらくは追走していましたが、

いつまでも遅いセリカの排ガスを吸って走るのに嫌気がさした私は

「名ばかりのGTは道を開けな。」と心の中で呟き(BGM「サティスファクション」

@ローリングストーンズ)、ギアを一段下げ、アクセルを一ひねり。

セリカを追い越したのでした。

 

が、その瞬間、BGMはサイレンの音に代わり、

バックミラーの中にいるはずの追い越したセリカの代わりに

青い制服に身を固めた白い悪魔天使が…

 

路肩にZを止め、一人っきりのサイン会の始まりです。

セリカのドライバーが「バ~カ」と言いながら追い越していったような気がしました。

 

気のせいでしょうか?

 

後にも先にもZで切符を頂戴したのは、この時だけです...

あ、いや、高速道の路肩を走っていて切符を貰ったこともありました。

 

いずれにしろ遠い昔のお話です。

今は、そんな追い越しなどいたしません。

 

教訓「交通法規は守りましょう」

にほんブログ村 バイクブログ 関東バイクライフへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ